2020年2月|ASLJ選抜スペイン遠征滞在記02

滞在2日目、いよいよバルセロナでのトレーニングがスタートします。

7時30分に起床、8時30分朝食、9時30分にホテルを出発し、トレーニング会場となる[Nou Camp Municipal De Futbol De Santa Coloma]には10時に到着しました。

世界中から選手やチーム、プロやアマチュアにパーソナライズされているサッカープログラムを提供する「BEST Academy」のスタッフが指導を担当します。

U-10の担当はキココーチ。

U12の担当はフレディコーチ。

初めてのトレーニングでは技術面では、パス&コントロール、ボールを受ける時の体の向きについて。戦術面では幅と深さを取りながらゴールを目指すことを学びました。

チームメイトやコーチとコミュニケーションを深めながら、4つのトレーニングメニューを2時間かけて行いました。

①ボールフィーリング

②4vs2のロンド

プレーを継続すること、パスラインに常に動くこと、味方が有利になるパススピードを意識しよう!

③5vs5、2フリーマン+GK、ラインゴール

ボールを奪った選手はシンプルにプレーすることで、味方が広がる時間を作ってあげられる。奪ったボールを簡単に失わないように、最初のプレーをもっと大切に、確実にプレーしてみよう!

④5vs5、2フリーマン+GK、ゲーム形式

ボールと反対サイドのことを常に意識してプレーしよう!数的有利な場所を探しておいて素早く展開しよう!

それぞれのメニューでコーチ達からたくさんのアドバイスをもらいました。

午後からのトレーニングマッチで、それらを意識してプレーできるでしょうか...

13時、一旦ホテルに戻り昼食。16時30分まで、ホテルの室内で自由に時間を過ごしました。その後、トレーニングマッチの試合会場である「Municipal AISS」に移動。バルセロナの古豪クラブ「UE Sant Andreu」と15分ゲームを4ピリオドのゲームを行いました。各ピリオドで選手の交代を行い、全選手が均等にプレーするというのがスペイン流です。

スペインの同世代の選手達の圧倒的な切替えの速さ、守備のスピードに戸惑う選手達...

いつも日本で出来ることをなかなか発揮できないまま試合が進んでいきました。両カテゴリーともに敗れましたが、「週末の試合に向けチーム一丸となって、トレーニングから成長して行こう!」とコーチからの言葉をいただきました‼︎

まだまだトレーニングは続きます。今日感じた世界レベルと悔しさを忘れずに!!!!


​新着記事
一覧