株式会社Amazing Sports Lab Japan

東京都千代田区三番町1-13
ワールドワイドセンター2F

TEL:03-6674-2704
MAIL:info@aslj-ryugaku.net

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
  • White Flickr Icon
  • White YouTube Icon

渡航部分協力:日本旅行

© Copyright Amazing Sports Lab Japan 2019 - All Rights Reserved ​

2019年9月|ASLJ選抜スペイン遠征 参加者の声01

September 30, 2019

2019年9月のASLJ選抜スペイン遠征に参加した選手達の声です。


9月7日から17日の10日間、6月に横浜・福岡で開催したセレクションから選抜された24名がスペイン遠征を実施しました。FCバルセロナやRCDエスパニョールなどリーガを代表するクラブチームとの真剣勝負、元カンテラコーチも指導するBESTアカデミーでのトレーニング。長時間の移動、現地では時差ボケや、初めての食材や料理に戸惑いました。コーチやチームメイトと協力して過ごす中で、選手達はどんなことを感じ、成長していったのでしょう?

アキズミくん(3年生)

 

①文化・生活面で日本と違うと感じたことは何ですか? またその違いにどのように対応して1週間過ごしましたか?

 

食事が毎日同じようなものばかりで飽きてしまいました。スペインで食べた野菜は固くて、日本の野菜はじつは美味しいんだと知ることができました。生活のリズムというか空気感が日本と全然違って、その違いは楽しんで過ごすことが出来ました。言葉の違いは通訳のコーチ陣がいたので不便と感じることは少なかったです。

 

②遠征で印象に残っていることは?遠征で楽しかったことや悔しかったことなど、一番印象に残っていることと、その理由を聞かせてください。

 

悔しかったことは、大会の試合で1勝も出来なかったこと。楽しかったことは、FCバルセロナの試合をカンプノウスタジアムで観戦したことです。時差ボケで観戦中に寝ちゃったけど…笑。ホームシックになりそうになった時に、部屋のお友達が一緒に寝てくれた事がとても印象に残っています。

 

③海外の選手と対戦して良かったところ 。自分や日本人選手が「世界でも通用したプレーはどんなプレーでしたか?」具体的に教えてください。

 

1対1の局面では、相手からボールを奪うことができたと思うし、足元の技術は自分も負けてなかったと思う。むしろ日本の選手たちの方が上手かったと思う。ただ、試合に勝つことはできなかったので、世界にはもっと強い選手やチームが沢山あるんだということを知ることができました。

 

 

④海外の選手と対戦して悪かったところ 世界と戦うために自分や日本人選手が「もっと改善しなければいけないプレーは、どんなプレーでしたか?」具体的に教えてください。

 

フィジカルの面で、体の大きさで全然負けていた。プレーの面では反対のサイドバックが上がった時に、中に絞るという基本的な守備のプレーができなくて、コーチに何度も注意されました。攻撃でチャンスの時には、もっとみんなが参加してゴールを目指さないとダメだと思いました。

 

 

⑤今後の目標は? この遠征の経験を活かして、サッカー面・生活面でどんな努力をして行きますか?

 

試合中にチームメイトに声を出したり、もっと首を振って周りの状況を見ながらプレーできるようになりたいです。今回の遠征ではとても悔しい思いをしたので、いつかリベンジしたいです。その時は自分が得点して勝ちたいです!そのためにも沢山食べて、大きな体も作りたいです!!

 

 

 

同期間中、バルセロナに滞在しASLJ選抜スペイン遠征のトレーニングと試合を実際に現地で観戦したお母さんにもお話を伺いました。
 

 

今回の遠征では大変お世話になりました。帯同スタッフのみなさま、私達、親のフォローまでしていただき、とても心強かったです。楽しくてあっという間の10日間でした。

 

①この遠征への参加を決意した理由を教えください。

セレクションを受けた時に、「とても楽しかった、もし受かったら絶対スペインに行って、海外の選手とサッカーで対戦したい!!」という子供の強い意志で参加させていただきました。

②実際に現地で見学してBEST CLINICの指導内容はどうでしたか?

正直、私はサッカーの事があまりよくわかっておらず... 現地で実際にトレーニングを拝見しましたが、スペイン人コーチが言ってる内容がとても難しく、私には一体何をトレーニングしているのかさっぱり理解できませんでした。しかし、帯同スタッフがロッカールームでのミーティング風景をinstagramの動画でアップしてくださり、コーチ陣がボードやマーカーを使って細かく戦術を伝えている様子を観て、ようやく私も子供たちに指導している内容を理解できました!!!! 



③参加した現地の大会はどうでしたか?
世界には同じ年でこんなに上手な子たちがいるんだと感じました。この悔しさをバネに頑張ってほしいと思いました。今回の遠征では1番苦手なディフェンスの部分を克服出来れば良いなと思って参加しました。何か得てくれたものがあれば良いなと思っています。ある程度決まったポジションでプレーすることが多かったので、もうちょっといろんな場所でプレーする姿を観て観たかったなぁという気持ちがあります。

④この1週間、バルセロナでサッカーを経験したお子様へメッセージ

慣れない食事や、自分の事は全部自分でしないといけないなど、生活面においても感じる事があったかと思います。この経験を生かして日本でも自分の事を管理出来る様になってほしいと思います。親が一緒に遠征に来ていたとはいえ、試合が終わるまで私に話しかけず、よく頑張ったね! 何か本人が思うところがあったのかと思うと、成長を感じてます。

 

最後に、
日本から帯同して下さったコーチ達は、本当に選手の事を叱らず、しっかり話を聞いて子供達に寄り添っていただき、感謝しています。本当にありがとうございました。

Please reload

​新着記事
Please reload

一覧
Please reload