株式会社Amazing Sports Lab Japan

東京都千代田区三番町1-13
ワールドワイドセンター2F

TEL:03-6674-2704
MAIL:info@aslj-ryugaku.net

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon
  • White Flickr Icon
  • White YouTube Icon

渡航部分協力:日本旅行

© Copyright Amazing Sports Lab Japan 2019 - All Rights Reserved ​

関田隆之介君インタビュー

August 1, 2015

関田隆之介くん(Ryunosuke Sekida)(12歳)ポジション:Midfielder

2014年3月にバルセロナに短期留学し、3週間のトレーニングを受けた。2015年4月から再びスペインに渡りヴィラ・オリンピカ、サン・ジョアン・デスピと言った、ジュニア上位リーグ所属の強豪チームで3ヵ月間に及ぶ挑戦を受けました。

 

 

- 留学中の様子を教えてください。

 

バルセロナは世界遺産があったり、建物や景色がすごく綺麗でした。町や人も賑やかで、いつも楽しそうだなと思いました。午前中は語学学校に行って、夕方から色んなチームのトレーニングに参加しました。食事の時間や回数、量が日本と違っていて苦労もしたけれど、コーチや仲間、ホストファミリーは優しくてフレンドリーでした。一緒に留学した子がいたので、年上や年下、色んな年の仲間と生活出来て、本当に楽しかったです!!!

 

 


-発見や変化はありましたか?
 

日本ではロングボールを入れて攻撃をしたりするけれど、スペインはショートパスを繋ぐスタイルで、頭を使うサッカーなんだと感じました。オンとオフの切り替えもはっきりしていて、自分達で考えながらプレーしていました。コーチにも自分の考えをはっきり主張するのを見て、日本ではそういったことがなかったのでとても驚きました。はじめはその雰囲気に慣れなくて言われた通りに動いたりしていたけど、留学を通して自分で考えて、自分の意見をちゃんと伝えられるようになった気がします。

 

-スペイン語は話せましたか?
 

学校では最初にすぐに使えるスペイン語を教わりました。コーチや仲間、ホストファミリーとコミュニケーションが取れた時は嬉しかったです。現地の人達と話をするのが一番上達する方法だと思います。

 

 

【関田隆之介君 お母様インタビュー】
 
-留学をさせてみようと思ったきっかけは?
 
「本人の強い願望を聞いたのがきっかけで、小学5年生の3月に留学しました。突然「行きたい」と言われた時は、まだ早いのではないかという不安もあり、母親の立場としては「はいどうぞ」と即答はできませんでした。それでも本人の意志が固く、スペインでの経験がこの子の将来にとって意味のあるものになるなら、という思いで留学を決意しました。
 
-留学でどんなものを身に付けてほしいと思いましたか?
 
自立心とコミュニケーション能力ですね。違う国の文化や人々と触れ合って、色々なことを感じてきてほしいと思いました。まさか調味料まで売りつけて帰ってくるとは思いませんでしたが(笑)。
 
-留学に行って変わったと思うことはありますか?
 

良い意味でさらに図太くなったなと。どこに行っても自分の意見がちゃんと言えるようになったと思います。また、夢がもっと明確になり、そのために自分で努力しようという気持ちが出てきたようです。
 

-留学に行かせてよかったと思いますか?
 

本当によかったと思います。最初のうちは、早すぎてもったいないのでは、留学の価値もよく分からないのではと思っていましたが…。若いほど順応性、吸収力がありますし、今ではもっと早くてもよかったかもと思いますね。
 

-将来、留学での経験をどのように活かしてほしいですか?
 

大きな夢に向かって、自分で考えながら毎日を過ごしていってほしいです。また、家族や日本から離れてみて初めて分かった良さもあるでしょうし、そういったものの一つ一つに感謝する気持ちを持ち続けてほしいと思います。
 

-留学前と比べて、サッカーの面で変化はありましたか?
 

帰ってきてすぐ、「もっとサッカーが好きになった」と言ったんですよ。オン・オフの切り替えがすごいとか、スペインの子ども達と触れ合ったことで自分なりに感じたものを、こっちでも実践しようとしているみたいです。あとは、サッカーの時でも自分の意見をはっきり言うようになりましたね。初対面の指導者の方に対しても、「自分はこう思うからこうやっている」と伝えている姿を目にして、以前はこんなことなかったなあと。スペインと日本のサッカーは違うので、真逆のことを言われることもありますが、どちらが正しいではなく「なぜそうしたか」ということを伝えられるようになりました。
スペインでは一日一日が勝負だったので、自分でアピールをしないといけない。それが全然うまくいかずに悔しい思いもしたようですが、そういう経験をできたことが大きかったと思います。

 

 

 

-ASLJを選んだ理由は?
 

以前サッカーキャンプに参加したことがあり、そこでの信頼があったので、ASLJのサポートなしでは留学に行かせていなかったと思います。留学中も毎日連絡をもらえて、現地での様子が手に取るようにわかり、全く心配はありませんでした。日本とは違い、スケジュール通りにうまくいかないこともありましたが、私達に対しても、子ども達に対しても厚くフォローしてもらい、とてもありがたかったです。なんでも相談できる、頼れるお兄ちゃんのような存在でした。
 

-また留学させたいという思いはありますか?
 

本人が強い意志を持って頑張っているので、私たちもできる限りのサポートをしてあげたいと思っています。

 

 

Please reload

​新着記事
Please reload

一覧
Please reload